24時間予約受付

医院ブログ

駐車場8台完備 042-440-1181

キービジュアル

☆スタッフ研修☆

2014年07月2日

今日は休診日ですが、スタッフと技工所見学です。
歯の詰め物、被せもの、入れ歯を作っている現場に行ってきました。
そういう口の中にいれる人工物のことを「技工物」と言います。

ただ、型を取って作るだけと思ったら大間違い。
型を取れば(粘土みたいな歯型を取るものです)型は膨らみ、詰め物を作る段階では金属は縮み、
製作過程で収縮と膨張を繰り返します。
そこのズレまで計算にいれて作られる技工物。
一個の技工物を作るために、何人もの手を経て、何工程もの作業を経て
やっと口の中に入るのです。

 

 

少しのズレでも伝言ゲームのように過程を経るごとに徐々に大きなエラーになって行き

最後お口に入る頃には「ズレてる」「浮いている」「小さくて隙間だらけ」ということにもなりかねません。

 

院内でも削り方一つで精度は全く変わります。
唾液が入る、血液が入るなどで模型はまた精度が下がります。

仕方のないことだけれど、エラーをどれほど減らせるか、もコダワリの一つです。

当院では、とにかく「精度」にこだわります。

 

 

クラウンブリッジ部の部長さんからレクチャーを受けました。

歯科医院側で気をつけてほしいことや、質問など。。

 

ポーセレン部の部長さんからレクチャーを受けています。

実際に作った歯を持たせてもらったら、すごく重くてビックリしました。

 

これはとても高価なセトモノの歯です。

技工士さんが、一つ一つ丁寧に色合いを付けていきます。

 

歯も先端や根元では色が違います。

どれほど再現できるかが、勝負です。

セトモノの歯は、一本一本手作業で絵付けをされています。
完璧にフルオーダーの、芸術品なのです。

安いものには、安いものの良さもあるでしょう。
しかし、高いものには必ず高い理由があるのです。

 

 

こちらは最先端技術のコンピューター制御で歯を作る機械です。

色合いは手作業で色付けする物の方がいいですが、機械で作れる分だけ安価になります。

精密さは変わりません。上顎の奥歯に使用すると価値があると思います。

 

記念撮影。

あれ?なぜか耳を付けたあかねちゃんが(笑)

お勉強のあとは、楽しいゴハンです!!

とても美味しい飲茶でした。院長ごちそうさまです☆

 

 

一般の歯科医院において、スタッフも含めて技工所に見学にいくことは稀です。

でも、自分たちの製作した模型が多くの技工士さんたちの手を経て

新しい歯になって返ってくる過程を見ることは、院内作業の励みになると思うのです。

模型を粗雑に扱えば、技工士さんたちはいい仕事ができません。

技工士さんたちが粗雑に作れば、歯に合う物が出来上がりません。

 

私たちは、チームです。

院内もチーム、院外でもチームです。

チームが知らない人同士で、いい仕事が出来るでしょうか?

支え合い、助け合い、学び合う、そんなチームだから出来ることがあるはずです。

 

歯科医院は患者様ご自身の失くした歯の代わりの物をこのようにお作りしています。

ご自身の体に使い、そして、長い年月入れ続ける人工物です。

少しだけ興味を持って頂けると幸いです。

「できません」と言う前に。

2014年06月27日

当院の院長は常に治療に対して熱血です!

今日も難症例(難しい症例のことです)の入れ歯治療で、技工士さんに難しい注文を付けています。

 

↓今日も呼び出されてしまった和田さん。

 

上顎の入れ歯をこれから作製するのですが、

「大きな入れ歯だとしゃべりにくくて。。。」とお困りの患者様なのです。

 

入れ歯は顎を大きく覆った方が安定します。

でも、覆うとしゃべりにくい。。

 

快適さに関しては、ここが難しいところです。

 

院長の提案は、「残った歯にマグネットを入れて磁石の力で入れ歯を安定させる」でした。

技工士さんと相談して、3カ所にマグネットをいれることで入れ歯を小さく作り、しかも強い保持力を得ることが出来ました。

 

簡単に「できません」や「無理です」は言いたくありません。

お一人お一人に、医院の玄関を出た先に「生活」があるからです。

 

出来る限りのことをしたか。

患者様のライフスタイルに合うものを、きちんと作れたか。

その患者様は、何を楽しみにしてらっしゃるのか。

 

入れ歯こそ、生活を変えてしまう治療です。

本当に入れ歯でお困りでしたら、ぜひ一度ご来院ください。

歯を削る機械(タービン)の衛生管理

2014年06月26日

歯科医院は、一にも二にも衛生管理が問われる職種です。

お口の中を拝見するミラー一つをとっても超音波洗浄、機械洗浄、滅菌、殺菌管理と

使用するまでに多くの行程を踏んでいます。

感染症をお持ちの患者様には、患者様ご自身のため、また感染予防のために

出来うる限り使い捨ての器具を使います。

(ミラーもピンセットも使い捨てをご用意しますし、捨てられないものは専用の器具を別にご準備しています)

 

昨今、多くの報道がありましたが

当院では歯を削る機械についてはこのような管理を行っています。

 

使用したタービンは

清掃後、専用カバーを付けて、タービン殺菌機にて殺菌しております。

 

一本ずつ入ります。

 

殺菌中。。。。。。

 

使用する際に、カバーを初めて取ります。

埃が付いたりするのを防ぐ為です。

 

 

 

マザーテレサさんはこう言ったそうです。

”大切なのは、どれだけ沢山のことをしたか ではなく

                どれだけ心をこめたか です”

 

ひとつひとつを大切に。

お口を開けて、歯を削られる方々に、安心していただくにはどうしたらいいのか。

 

院内で行われる作業の一つ一つに心を込めます。

幼稚園に行ってきました☆

2014年06月22日

あべ歯科医院はUR神代団地の中にあります。

神代団地は、団地の敷地内に多くの施設があります。

商店街にはお米屋さん、床屋さん、八百屋さん、整骨院、釜飯屋さん、おしゃれなカフェの手紙舎さん。

公園に、内科に歯科(うちです)、そして幼稚園!

幼稚園の賑やかな声が、昼間には団地のグラウンドに響いてきます。

 

その元気な幼稚園で、歯みがき指導をしてきました。

 

おいしいものを食べるためには、元気な歯が必要です☆

オオカミのガブ君もお手伝い。

ガブ君の立派なキバ、お菓子を食べて歯みがきしないとどうなっちゃったんでしょう?

 

幼稚園では、いつも歯医者さんに歯みがき練習にきてくれる子もいて。

知ってる子がいると、ちょっと嬉しい☆

また来年、遊びに行くね!!

☆院長の学会参加&医院から重要なお知らせ☆

2014年06月19日

先週末、院長は学会に参加していました。

日本顎咬合学会です。これは、とても大きな学会で、毎年必ず参加して新しいデータを学んでいます。

咬合というのは、いわゆる「噛み合わせ」のことです。

噛み合わせが狂う という言葉を聞いたことはありますか?

歯の治療の中でも、噛み合せというのは永遠のテーマです。

虫歯で歯がなくなってしまっている場合は、詰め物や被せもの(※さし歯)で治します。

その新しい人工の歯を入れるのに、適当にいれるわけではありません。

患者さんの顎はどういう状態なのか、噛み合せになる反対側の歯はどういう形なのか。

新しい歯は高くないか?低くないか?

細かいミクロの世界で歯科医師は新しい歯を患者さんのお口にいれているのです。

噛み合せが狂えば、口の中全体の歯並びが崩れ、肩こりやめまいが起きたり 顎関節症といって口があかなくなる病になることもあります。

医療従事者は一生勉強です。

毎年、新しい材料や新しい治療データが出てきます。

常に最良、最善の治療を求めていないといけないのです。

それが、「医療」です。

 

 

もう一つ、医院から大事なお知らせがあります。

医院では新しく受付、助手の募集を始めました。

詳しくは採用ページをご覧ください☆ そして、ぜひ見学にいらしてください。

歯科助手は男性も可です!
ご応募、お待ちしております。

 

歯みがき指導の☆

2014年06月12日

当院はお隣のつつじがおか幼稚園の園医を受け持っています。

 

6月です。

6月とい〜え〜ば〜!???

「ムシ歯予防週間」です!!(そうなんですよ♡)

 

医院では来週に控えたちびっ子達への歯みがき指導の人形劇の練習中です。

みんな、喜んでくれるかな〜!?

 

この怖そうなオオカミさんが主役です。

いかにも立派な歯がありますね〜

 

 

この歯をどうやって磨くのか?

怖いな〜 たべられちゃいそう!!

 

そして、オオカミさんと一緒に歯みがきの練習をしてくれるのが、、、

 

 

赤ちゃんマンとジャムおじさんデス。

脚本も効果音も小道具もオリジナルです。

(効果音はバイオリンを弾いて録音☆)

 

どうして、こんなに、熱中しちゃうんでしょう(笑)

いっぱい練習して、みんなを歯みがき好きにしちゃうぞ!!

 

何事にも全力のあべ歯科医院でした。

新緑

2014年05月31日

あべ歯科医院はUR都市機構の団地の中にあります。

神代団地と言います。ここは約40年前から開かれた団地なのです。

古いから、、、と言われる団地ですが、団地の良さというのもあります。

その良さは、「ゆとり」だと思うのです。

敷地内には各所に公園があり、「本当にここは東京だろうか?」と思うほどの緑が溢れています。

こんなにも無駄(失礼!)なスペース、今建てる大きなマンションには作るのは無理じゃないでしょうか。

ゆったりゆったりと時間が流れます。

団地内は、常に清掃担当の職員さんが落ち葉を掃いていたり、新しい花を花壇に植えていたりしています。

 

医院の前には、立派なヒマラヤ杉があります。

それはそれは見事です。

 

裏手には紅葉の木があります。

紅葉の葉っぱが今、目にしみるように鮮やかです。

そして、種が出来ていました。

種は遠くに旅する為でしょう、風に乗る竹とんぼのような形をしています。

 

時間が作る街、時間をかけた街。

緑豊かな調布にぜひ遊びにいらしてください。

 

今日は幼稚園での歯科検診です

2014年05月30日

今日は幼稚園での検診があります☆

当院の院長は「つつじがおか幼稚園」の園医を勤めています。

毎年、この季節は園児の検診に伺っております。

元気な園児に、こちらもパワーをもらったりして!

 

さて、検診で使う歯科用ミラーですが

当院の場合はこのように滅菌パックに入れて持参します。

実は、このミラーは幼稚園の備品です。

当院が検診を受け持つようになった時に幼稚園で園児の人数分購入していただいたのです。

「一人一人に、しっかり滅菌したミラーを使いたい」という医院の希望と園の熱意がこのような協力体制を作りました。

検診で使用する際には、医院の方で10本ずつパックして滅菌しております。

「ミラーは数本しかないので、薬品で拭きながら再利用して使う」そういう検診もあるのは承知しています。

費用や材料の関係で仕方のない場合もあるのかもしれません。

でも、出来るならば出来るだけのことをしたい。そのために努力したい。

何よりも、安心してお口を開けてほしい。

小さな子も、大人も同じですね。

 

それでは、行ってきます!!

 

 

☆メロン☆

2014年05月26日

患者さんからメロンをいただきました〜!!
おいしい〜!!

スタッフが多いのに、一人当たり二切れも頂きました。
大歓声のお昼休みでした☆

いつもありがとうございます!!

日々、練習を重ねています

2014年05月17日

当院では、お口の中の写真を撮って治療説明をすることをとても大切にしております!

と、いうのも。。。

口の中って、自分で見えませんよね?

見えないところだから、磨けない
見えないから、虫歯になる
見えないところ、削られる

こ、怖いかも。。。。

ご自身で磨きにくいところ、歯みがきのクセを知って頂くこと。
これから治療するところを、ご自身にも知って頂くこと。
そのためには、写真を撮ってご説明するのが一番わかりやすいのです!

写真をとる役目のスタッフは、なるべく綺麗に、なるべく短時間に撮れるよう日々練習をしています。

新人スタッフの二人も、一生懸命がんばってますよ〜

個別相談

インターネット予約

診療時間 日・祝
午前 9:00~13:00
午後 15:00~19:00

このページの先頭に戻る