24時間予約受付

インプラント

駐車場4台完備 042-440-1181

キービジュアル

リスクが心配でインプラント治療に踏み切れない方へ。

リスクを可能な限り排除した
コンピューターインプラント
を実施しています。

CTを駆使した三次元分析
徹底した術前シミュレーション
ガイドの利用

目指すのは、基本に忠実に。ご自身の他の歯を守るインプラント

歯を失った際の治療の選択肢は、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。

皆さんに質問なのですが、この治療法の中で「ご自身の健康な他の歯にダメージを与えてしまう治療」はどれだと思いますか?

答えは、入れ歯とブリッジ治療です。

入れ歯
入れ歯

入れ歯を維持させるためには、他の健康な歯に「バネ」をひっかける必要があります。噛むたびに、バネをかけた歯が揺らされますので、徐々にグラグラしていき、最終的には抜歯になる可能性が高い治療です。

ブリッジ
ブリッジ

入れ歯と同様にブリッジを維持させるためには、他の健康な歯を支えにする必要がある他、その健康な歯を大きく削る必要があります。削ることで歯の寿命が短くなる他、噛むたびに健康な歯に負担がかかりますので、最終的には抜歯になる可能性があります。

では、インプラント治療はどうでしょうか?

インプラント

インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋め込み維持させますので、「他の健康な歯」の支えは不要です。つまり、他の健康な歯にダメージを与えない治療なのです。

これは非常に大きな意味を持ちます。

入れ歯やブリッジを選択すると、徐々に健康な歯がダメになってしまい、最終的には支えとする歯もなくなり、総入れ歯になってしまうことが多くありました。

ドクター

歯がなくなるたびに治療を繰り返しますので、長期的にみると、治療費や治療期間が膨大なものになってしまいます

しかし、インプラント治療は1本をしっかり治療しさえすれば、それで終了です。

インプラント治療は他の治療と異なり「外科処置」が伴いますので、「怖い治療」とイメージされている方がいらっしゃいます。しかし、しっかりした設備と経験があれば、決して怖い治療ではありません。

安全性を追求した当院のインプラント治療体制をこれからご紹介します。

体制1:納得いただけるまでご説明します

説明

説明

当院では治療前に入念な検査を行い、立案した治療計画を患者様に共有します。

どんな方法で治療を行うのか?
治療期間はどれくらいになるのか?
費用はどれくらい掛かるのか?

など、患者様にご理解・ご納得いただけるように丁寧にご説明します。

もちろん、私たちが一方的に治療方針を押し付けるのではなく患者様の希望を伺い、最大限沿えるようにしております。

体制2:世界のドクターに認められた「一流インプラントメーカー」の利用

ドクター

インプラントは何十年も体の一部として使い続けますので、メーカー選びは大事な要素です。

世界には150を超えるインプラントメーカーが存在していますが、当院が重視しているのは「品質」と「実績」です。

それを判断する一つの基準は、
「日本国内および世界におけるシェア」となります。

当院で使用しているインプラントは、ストローマン社(世界シェア1位)のインプラントシステムとなります。

ストローマン

シェア

シェアを獲得しているということは、多くのドクターにその有効性が認められているからに他なりません。粗悪なメーカーは自然に淘汰されます。

ストローマン社のインプラントは世界中の多くの歯科医院で使用されており、過去の臨床実績も豊富で、安心して使用できるインプラントといえます。

体制3:CT撮影/シミュレーション/ガイド

当院では「コンピューターインプラント」を実践しています。

コンピューターインプラントとは、「CTデータ」を「シミュレーションソフト」に取り込み、分析したデータを「ガイド」というマウスピースのようなものに反映させ、それをもとに治療をする方法です。この方法を採用することで、人為的ミスを排除でき、治療時間も短縮されるメリットがあります。

簡単にご紹介します。

CT(三次元立体画像撮影装置)による三次元撮影

CT

CTは顎の構造や周囲にある重要な神経や血管の位置を立体的に映し出すことができる装置です。

神経や血管を傷つけることは、麻痺や出血など、術後のトラブルを引き起こす直接的な原因になります。
これらを防ぐためにも、事前のCT撮影は必ず行わなければなければなりません。

最近ではCT撮影を行う医院も多くなってきましたが、いまだに2次元レントゲンを利用するケースもあります。3次元撮影できるCTと比較し、2次元レントゲンは診断の精度が落ちるため、インプラント治療を希望される方は、CT撮影を行う医院で治療をすることを強くお勧めします。

術前シミュレーション

シミュレーション

CTで読み取ったデータから、実際に手術を行う際のシミュレーションを行います。

どの部分に、どの方向に、どのくらいの深さまでインプラントを埋入するか、様々な角度から比較検証することで、適切な治療法を導き出しだすことができます。

ガイドの利用

ガイド

ガイドとは、マウスピースのようにお口にはめるもので、そこにはインプラントを埋め込む場所・角度・大きさ・長さなどの情報が反映されていますので、その通りにインプラントを埋め込むだけでオペが完了します。

これを利用することで手術時間の短縮につながる他、骨の少ない難しい症例でも手術できるケースが増え、患者様の身体的負担の軽減に役立ちます。

「どの医院で」インプラント治療をすべきかを悩んでいる方へ

このような悩みをよく聞きます。

どこでインプラント治療をすれば安心なんだろう…

一般的な虫歯治療ならともかく、インプラントは手術が必要になりますし、費用も高額になりがちですので、このようなお気持ちになるのは無理もありません。

また、各医院のホームページには、良いことがたくさん書いているので、どんどん判断に迷ってしまう状態だと思います。

そのような時に、皆様にご提案できることは、「セカンドオピニオン」を受けてください、ということです。

セカンドオピニオンとは複数のドクターに治療方法や治療期間、費用等を含め、「意見」を聞くことです。

セカンドオピニオン

しかし、ここに1つの落とし穴が存在します。

それは、ドクターによって「治療法」は異なるということです。

患者様からすると、同じ治療をするので、治療方法は1つなのでは???と思うかもしれません。

しかし、極論を言ってしまうと、歯科医師が100人いれば、治療法は100通り存在します

これは、そのドクターの性格、経験値、流派などが影響します。

こうなると、「誰の言うことを信じればいいのかわからない」と思うかもしれません。
ですが、どの治療を選んだとしてもメリットがあればデメリットも存在します。

院長

大切なのは、
・歯科医師がデメリットも含めてしっかり説明してくれるかどうか。
・あなたがその治療を納得することができるかどうか。
そして、何よりも大切なのは、そのドクターに「治療に対しての想い」があるかどうかです。

もちろん、機材や経験等も大切です。
しかし、最終的に治療をするのは「人間」です。

どんな高価な機器があっても、担当医が「患者さんに満足してほしい。何としてでも成功させる。」といった強い気持ちがなければ、決してうまくいきません。

当院でもセカンドオピニオンを行っていますので、是非、上手にご利用いただけたらと思います。

個別相談

インターネット予約

診療時間 日・祝
9:00~18:30

このページの先頭に戻る