抜歯を回避する治療|あべ歯科医院 東京都 調布市 狛江市 三鷹市 国領 仙川 柴崎

24時間予約受付 初めて来院する方専用

駐車場8台完備 042-440-1181

〒182-0007 東京都調布市菊野台3-24-43

歯を失った場合の第4の選択肢 「ヒューマンブリッジ」

他院で「抜歯ですね」と言われてしまった歯でも、
可能な限り「残す」治療を行っています。

エクストリュージョン法

マイクロスコープ根管治療

また、抜歯になってしまう場合でも
インプラントや入れ歯などの人工物ではなく
ご自身の歯を移植」し、しっかり噛めるようにする方法もあります。

自家歯牙移植

まずはご相談ください。

どうしても歯を残したい方へ

院長

虫歯等が進行してしまうと最終的には抜歯の運命をたどります。
しかし、方法によっては残せる歯までも抜歯になってしまっている事実があります。

ご自身の歯は何物にも代えがたいものですので、当院では、できることは全て行ったうえでも難しい場合に初めて抜歯のご提案をします。

そのできることというのは、「エクストリュージョン法」と「マイクロスコープ根管治療」です。マイクロスコープ根管治療は別ページがありますので詳細は根管治療をご参照ください。
そして、残念ながら抜歯になってしまった場合でも、入れ歯などの人工物ではなく、親知らず等ご自身の歯を利用して行う「自家歯牙移植」という方法も行っております。歯を失った場合でも人工物ではなくご自身の歯を最大限活用したいという方にお勧めです。

それぞれご紹介します。

「エクストリュージョン法」(可能な限り抜歯を回避する)

症例

虫歯が進行してしまうと最終的に抜歯となります。
しかし、エクストリュージョン法を用いることで、抜歯せずに歯を残すことが可能になる場合があります。

この方法は、歯根挺出術とも言い、矯正治療の1つです。
歯茎の下にある歯根を歯茎の上に露出させることにより、かぶせ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで歯を残すことが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。

イラスト

エクストリュージョンを行っている医院はそう多くはありませんので、この方法を利用すれば抜歯を回避できたケースでも、抜歯になってしまっている歯が多くあります

※もちろんすべての歯を抜歯せずに対応できるわけではありません。

当院では「虫歯が進行=抜歯」ではなく、「虫歯が進行=エクストリュージョン」を第一選択としていますのでこれまで多くの歯を救ってきました。
他院で抜歯と言われてしまった方、歯をなるべく残したいとお考えの方は、一度、当院までご相談ください。

「自家歯牙移植」(抜歯の場合でもご自身の歯を活用する)

「自分の歯をできるだけ残したい」という願いはどの患者様も共通します。
しかし希望しても、その口腔内の状況により限界はあります。では、歯を抜いた後にどのような治療方法があるのでしょうか?

院長

抜けた歯の両隣の歯を利用して「ブリッジ」を入れる方法や「インプラント」という選択肢、または「入れ歯」が一般的ですが、そんな中で「自家歯牙移植」と呼ばれる方法があります。

自家歯牙移植とは、無くなった歯の部分に、ご自分の歯を移植する方法です。お口の中で使われていない歯(親知らずなど)がある場合に、これをドナーとして移植します。

移植される歯の根っこの部分には骨を誘導する「歯根膜」という(顎骨に歯を留めておく靭帯のような)組織があり、この歯根膜の面積やボリュームがあればインプラント等では得られない安定が得られるとともに、異物反応が起こらないという有効な治療法です。

高度な技術を要するため、一般にはあまり普及していませんが、当院では、この自家歯牙移植の症例も数多く行っています。当院の方針としまして、ケースにもよりますが、すぐに入れ歯・ブリッジの治療法を第一選択肢としてご提案するのではなく、自家歯牙移植も1つの選択肢に入れ検討します。

当院で行った症例の一部をご紹介いたします。

症例

個別相談

インタネット予約

〒182-0007

東京都調布市菊野台3-24-43