歯を削る機械(タービン)の衛生管理

2014-06-26

こんにちは、調布市西つつじヶ丘のあべ歯科医院です。

今日は、歯医者さんの機械についてのお話です。

 

歯科医院は、一にも二にも衛生管理が問われる職種です。

お口の中を拝見するミラー一つをとっても超音波洗浄、機械洗浄、滅菌、殺菌管理と

使用するまでに多くの行程を踏んでいます。

感染症をお持ちの患者様には、患者様ご自身のため、また感染予防のために

出来うる限り使い捨ての器具を使います。

(ミラーもピンセットも使い捨てをご用意しますし、捨てられないものは専用の器具を別にご準備しています)

 

昨今、多くの報道がありましたが

あべ歯科医院では歯を削る機械についてはこのような管理を行っています。

使用したタービンは

清掃後、専用カバーを付けて、タービン殺菌機にて殺菌しております。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一本ずつ入ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

殺菌中。。。。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

使用する際に、カバーを初めて取ります。

埃が付いたりするのを防ぐ為です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

マザーテレサさんはこう言ったそうです。

”大切なのは、どれだけ沢山のことをしたか ではなく

                どれだけ心をこめたか です”

 

ひとつひとつを大切に。

お口を開けて、歯を削られる方々に、安心していただくにはどうしたらいいのか。

 

歯科医院の作業、一つ一つに心を込めます。

 

 

 



カテゴリー あべ歯科ブログ